「ハドソン川の奇跡」を観てきました。雑誌やネットのレヴューで絶賛されていたので、期待して観に行ったのですが、ちょっと期待が大きすぎたかな。もちろん、よくできていますけど、お腹にドーンと来るものはなかったです。クリント・イーストウッド監督は年齢を重ねるにつれて、肩の力が抜けて、撮影現場で粘らず、さらっと撮っているみたいですけど、出来上がりもそんな感じ。何度も言いますが、悪くはないのですよ、期待しすぎた自分がいけないのです。こういうこともありますから、前もって知識を入れないほうがいいですね。話は変わりますが、映画館でこんなことがありました。隣に高齢者のご婦人がお二人座っていらっしゃったのですが、映画の最後のところで、「あれは何?」「さあ・・」と大混乱。実はこの映画、ラストシーンでそれまでのお芝居が現実世界とつながっているのです。本物の操縦士の方と実際に事故に遭われた方とがでてきて、感動の再会。高齢者のご婦人たちはこの作品が実際の事故を基に作られたことを知らなかったみたいですね。予備知識がなさすぎるのも、よくないかな。すっぽん小町 解約