スマホで決済をするキャッシュレス決済ですがコンビニなどいろんな所で利用をしているがスポーツ観戦にもこの様なキャッシュレス決済を始める所が出たというのが「楽天」でここ既に始まっていまして他の店でも設置をしている所があるが今年になってプロ野球とJリーグのホームスタジアムでこの様な決済を導入する事になった。

特にJ1のヴェッセル神戸が昨年ですがイニエスタ選手の加入でチケットが完売したした事でグッズ売り場などが長蛇の行列ができた事でこの様な課題ができたという事でこのキャッシュレス化に踏み切ったと言うがお釣りの手間も省けられるので対策が必要だと思ったと言うがこれはJリーグ限定で行うという事で女子サッカーやラグビーの試合は今まで通りになると言うが神戸は今年のラグビーワールドカップも行われるのでここでもキャッシュレス決済になるかも知れないのでサッカー次第となる。

宮城県仙台市にあるイーグルスの本拠地でもある楽天生命パークスタジアムでもこの様なキャッシュレス決済を導入する事が決まっているがこれは二軍の試合でもこの様な対応もすることになった。

利用が出来るのがpayと電子マネーの「Edy」またクレジットカードが利用が出来ると言うがない人にはレンタルもあると言うがEdyカードも発売するので利用が出来るようにすると言うがでも、それ以外は利用が出来ないので不便さもあると思う。

レンタルしてもまた現金に戻す必要性もある一方でここしか利用ができない所もあるので難しい問題もあると感じられた。

これからこの様なキャッシュレス決済をしないと消費税の引き上げもあるので入れた方がいいと思うがこの楽天がどう影響をもたらすのか注目だと思っているのです。キャッシング 一番良いところ